医療レーザー脱毛に関して

医療レーザー脱毛は、皮膚科や美容形成外科などの医療機関で行うことができます。

医師の資格を持った人だけが施術を行うことができ、安全性が高い脱毛をすることができます。医療レーザー脱毛を行うことができるレーザーは、複数の種類があります。多くの医療機関で取り入れられている代表的なものは、ダイオードレーザーやアレキサンドライトレーザー、ロングパルスヤグレーザーなどです。ダイオードレーザーは、痛みが少なく、低刺激の治療をすることができます。一度にレーザーを照射できる範囲が多い機器が多く、短時間で脱毛することができます。

レーザーの波長は、およそ800nmです。産毛なども脱毛することができ、多くの医療機関で取り入れられています。アレキサンドライトレーザーは、およそ755nmの波長のレーザー機器です。脱毛をする際に、冷却のための風や冷却ガスを皮膚に吹きつけることで、患部を冷却しながら脱毛するため、痛みを和らげながら治療をすることが可能です。

施術をする前に、ジェルなどを塗ることなく脱毛することができるため、スピーディーな脱毛をすることができます。ロングパルスヤグレーザーは、およそ1064nmの波長のレーザー機器です。男性の毛を効果的に脱毛することができ、肌の色などに関係なく脱毛ができます。医療レーザー脱毛の機器の中で、最も長い波長であり、肌の深い部分までレーザーを照射することができます。男性のひげや黒く日焼けした人なども治療でき、多くのクリニックで導入されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *