お中元を贈る時期について

お中元は親しい方やお世話になっている方に日ごろの感謝を伝えるために贈る物です。コミュニケーションを高めるためにも有用なツールですが、初めてのお中元を贈る時にはどのようにしたら良いかと悩むこともあるでしょう。何を贈るか誰に贈るかということも悩むことの一つですが、いつ贈るかという問題もあります。お中元を贈る時期は地域によって異なるため注意が必要です。

お中元を贈る時期は日本全国、または地域によっても異なりますが、一般的に北海道では、旧盆の時期にあたる7月15日から8月15日の間に行います。東北や関東では、7月初旬から15日までとなっています。7月16日以降は残暑見舞いという扱いになっているので注意が必要です。北陸では地区によって7月と8月に分かれています。

都市部を中心とした広い範囲では7月という所が多い傾向でありますが、確認しておくと良いでしょう。東海や関西、中国や四国では7月中旬や8月15日までです。8月16日から9月上旬は残暑見舞いとなるので遅れないようにしましょう。九州は8月1日から15日までが一般で、沖縄では旧暦の7月15日までとなっています。

このように贈る時期は7月初旬から8月15日のうちと地域ごとに分かれています。近年では、どの地域でも贈る時期が早まっている傾向にもあるようです。お中元を贈る時には、相手が住んでいる地区の習慣に合わせて、時期を守り失礼がないように気をつけましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です