夏に親しい人へ贈るお中元について

夏に親しい人へ送る挨拶の意味合いを持つお中元は、中国における道教の年中行事である中元が起源とされています。道教の年中行事に日本古来の先祖供養の風習が融合して、親類などにお供え物を配る習慣が生まれたとされます。江戸時代には感謝の気持ちを込めた贈り物に変化し、やがて現代のように上半期の区切りに親しい人に贈り物をする習慣が定着しました。お中元を贈る時期は地方によって様々ですが、首都圏では一般的に7月の上旬から15日頃までとされています。

最近では6月下旬から7月15日頃までに贈るのケースが増えており、この時期を過ぎた場合も立秋までは表書きを暑中御見舞とします。立秋は8月の8日か9日ですが、それ以降は表書きを残暑御見舞に変更すれば問題はありません。贈り先が目上の人の場合は表書きを暑中御伺いや残暑御伺いなどとします。首都圏以外では7月上旬から8月15日頃がお中元の期間とされていますが、立秋を過ぎたら表書きを残暑御見舞や残暑御伺とすれば大丈夫です。

お中元は毎年贈るのが基本となっており、その年で特にお世話になった人に1回のみ贈るのであれば御礼と表現するとよいでしょう。のし紙は紅白5本蝶結びのものを使い、贈り主が個人の場合は姓のみを表記します。以前はお供え物を配るという意味合いがあったため、現代でもお中元として用意されるのは食料品が中心です。メロンやスイカ、桃やマンゴーなど夏らしさを感じさせてくれるフルーツが人気となっています。

ただし親しい人に喜んでもらえるのであれば、特に食料品でなくても問題はありません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です