お中元を贈る時の基本

お中元は日頃お世話になっている人に対して、感謝の気持ちを込めて贈るものです。地域よって少しずつ時期は違いますが、7月から8月の時期に贈るのは一般的です。贈る側が渡す相手の住む地域に合わせて、贈るのが基本的なマナーです。贈る相手は仕事上でのお世話になっている人や、私生活でお世話になっている人から親戚や友人まで様々です。

このような贈り物は喪中の時はするべきでないと考える人もいるとは思いますが、お中元に関しては黙る側ももらう側も喪中であっても問題ありません。お中元で送る品の予算は明確にそのくらいの金額と決まっているわけではありませんが、友人や親戚ならば3000円前後で、仕事関係の人などは5000円前後が一般的です。それ以上の金額の品を選んでも問題ありませんが、あまりに高額な品だと相手に気を使わせてしまう可能性もあります。そのため相手に送る品物はある程度の金額で抑える方が良いです。

また品を選ぶ時は相手の年齢や家族構成を考慮した品物選びをする方が、相手に好印象です。贈る前に気をつけたいのは仕事関係の人で、相手が利害関係のある相手からお中元などを受け取れない人ではないかという事です。もし相手が受け取れない人だとせっかく贈っても逆に相手に返送の手間をかけてしまうので、事前に把握した上で贈るべきです。お中元を贈る前には送り状を書いて、事前に贈り物を郵送する事を相手に知らせておくのも忘れてはいけません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です