お中元の由来とマナーについて

お中元は夏の挨拶として行われていますが、もともとは道教の年中行事である中元が起源であって、そこに日本に古来よりある先祖供養の風習が重なってできたとされています。親戚縁者などへのお供え物を贈る習慣はここから始まり、江戸時代になって日ごろの感謝の気持ちを込めた贈り物になっていきます。贈る時期は7月上旬から半ばまでが基本でしたが、近年では時期が早まっていて6月下旬からとなることが多いです。都合により時期を逸したとしても、表書きを立秋までであれば暑中御見舞いとして、立秋以降であれば残暑御見舞いとすれば失礼には当たりません。

目上の人に対しては、御見舞いではなく御伺いとすれば失礼にはなりません。また、毎年行うことが基本ではありますが、特別に世話になった人に対してであれば御礼とすることがよいです。お中元にはのし紙を付けますが、紅白の5本の蝶結びで、個人で贈るのであれば姓のみとします。何を贈ったらよいのか迷ってしまいますが、もともとお供え物であったことから用意されるものは食べ物が多いです。

最近では、先方に喜んでもらえることを第一に考えて選ぶ人も多く、それ以外のケースも見られるようになっています。時期柄、夏らしさを感じてもらうようなものが喜ばれ、旬のフルーツやそれを用いたスイーツに人気が集まります。麺類も人気があって、清涼感が得られるドリンク類を希望する人も多いです。食べ物や飲み物以外では、花火や七夕などの夏季のイベントをモチーフにしたお中元にも注目が集まっています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です