お中元の品選びのポイント

夏に贈り物をする習慣として、お中元があります。普段お世話になった親類や仕事関係の人などに贈り物をします。お中元にはどのような商品を選ぶのが良いのか、選び方のポイントがあります。一般的に、金券や現金などをお中元に贈るのはマナー違反とされています。

ギフト券も避けたほうが無難です。贈るなら、自由に商品を選べるカタログギフトのほうが良いとされています。贈る相手の事情や好みが分かれば、それに合った商品を選ぶのがベストです。例えば、会社など人数の多いところに贈るなら、個包装したスイーツなど、分けやすい商品が喜ばれます。

食材を贈る場合は、贈る相手の家族の人数や家族構成を考える必要があります。調理の必要な食材を多く贈るのは、人数の多い家族や料理をよくする家族への贈り物には適しています。一人暮らしや料理をあまりしない家庭には、食材よりも調理済みの商品やレトルトなどのほうが向いているかもしれません。生の食材や果物、生菓子などの日持ちのしない食品を贈る場合は、贈り先が長期不在で受け取れないということがないか確認する必要があります。

夏の季節は、帰省や海外旅行などで長期間不在である可能性があります。ビールなどのお酒類も、お中元の定番ですが、お酒を飲まない相手や医師に禁じられている相手には贈らないほうがいいです。最近は、食物アレルギーの子供が増えているので、相手先のアレルギーの情報が分かれば、アレルゲンの含まれた食べ物は避けましょう。それらの情報が分からなければ、日用品のほうが無難かもしれません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です