お中元を贈る時期とは

日頃お世話になっている人に感謝の気持ちを込めて贈り物をする習慣・お中元にはどのような品を選び、どういった風に贈れば良いのかと迷う人もいるのではないでしょうか。目上の方に贈るケースも少なくないため、贈り物をする際には大人のお付き合いの上で必要とされるマナーやしきたりに気を付けて行うことが大切です。お中元を贈るタイミングは一般的に7月の初め頃から15日ごろまでとなっています。とはいえ近年では7月に入る前から贈ることも少なくありません。

全体的にイベントが前倒しにスタートする傾向にある近年ならではの特徴といえます。そのため6月中から贈っても良いとされていますが、あまり早まりすぎないようすることが大切です。とはいえ、もしお中元を贈る時期を逃してしまったときには、お中元ではなく暑中見舞いや残暑見舞いとして贈るのもよいでしょう。8月の中頃まえなら暑中見舞いとして贈ることができ、8月15日を過ぎたあとには残暑見舞いとして贈れば問題ありません。

もし目上の方に贈る場合には暑中御伺いや残暑御伺いとすることがポイントになります。しかし地域によっては、もともと8月1日から8月15日までに贈るのが習わしとなっていることもあるので一概に言えるものではありません。その場合にはもちろん地域の慣習に従うことが大切です。このように贈る相手に喜んで貰うためにも、贈るタイミングに気を付けて失礼にならないようマナーのある贈り方をしましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です