お中元の由来と送る時期

お中元とは日頃お世話になっている目上の方に、感謝と今後とも宜しくお願いしますという気持ちを込めて贈るギフトです。上半期の感謝の気持ちはお中元、1年間通してお世話になった場合はお歳暮となります。どちらかひとつ選ぶ場合はお歳暮を選択すると良いでしょう。お中元はもともとは中国道教の風習のひとつです。

1月15日を上元といい、7月15日を中元といいます。ちなみに10月15日は下元となります。お中元に行われていたお祭りに、仏教の行事盂蘭盆会が混ざりご先祖様を供養するようになりました。江戸時代以降はお盆の礼節のひとつとして、親族やお世話になった方へ贈り物をする習慣となり現在に至ります。

仕事でお付き合いのある方や会社の上司、それ以外でも恩師や離れて暮らす家族、仲人等贈り先は様々です。贈り物をする時期は地域によって違うので注意が必要です。北海道は7月中旬から8月15日まで、東北や関東は7月初旬から7月15日までです。東海関西中国四国は7月中旬から8月15日まで、九州は8月1日から8月15日までです。

因みに沖縄は旧暦の7月15日まで。東北は各地域により異なり7月初旬に贈る地域と、7月後半から8月15日までに贈る地域があります。お世話になった方にせっかく送っても、その地域のお中元を贈る期間を外れてしまうと、返って失礼にあたってしまうことがあります。地域毎により良いとされる期間を十分確認した上で贈ると良いでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です